いち早くHMBサプリに注目したダルビッシュ有

 

ダルビッシュも愛用!今アスリートに人気の筋肉サプリメントとは。

メジャーリーグで活躍中のダルビッシュ有選手は多数のサプリメントを使用していることでも有名です。

 

さらに、筋肉の増強のためのサプリにも早い段階から着目していました。

 

2014年のTwitterでは、HMBサプリをおすすめしています。

 


 

ちなみにダルビッシュ有選手が愛用していたHMBサプリは、DNS社の「R4」という商品です。

 

その後、2016年のTwitterでは、バーサーカーの「HMB」を推奨しています。

 


 

もちろん、摂取しているのはHMBサプリだけではなく、そのほかの栄養もしっかり摂っているのですが、HMBサプリの効果もかなりあることに違いはないでしょう。

 

今回は、ダルビッシュ有選手が摂りいれているHMBサプリについて詳しく紹介していきます。

 

 

そもそもHMBサプリって何?

ダルビッシュも愛用!今アスリートに人気の筋肉サプリメントとは。

ダルビッシュ有選手が、なぜHMBサプリを摂り始めたのかというと、HMBには筋肉分解の抑制と筋肉合成を促す効果があるからです。

 

HMBは、必須アミノ酸のロイシンが代謝されてできる物質で、正式名称は「β−ヒドロキシ−β−メチル酪酸」といいます。

 

ロイシンはHMBに変換されて初めて吸収され、筋肉に働きかけます。

 

つまり、ロイシンを摂っても、最終的にはHMBから筋肉の分解抑制や合成促進効果が得られるので、わざわざHMBを摂取しなくてもよいのではないかと考える人もいるでしょう。

 

また、プロテインにもロイシンは含まれている以上、それだけでいいのではと思われることもあるといえます。

 

しかし、HMBを1g摂るのに、ロイシンは20g必要になります。

 

HMBの推奨摂取量は3gなので、この量を満たすためには60gもロイシンを摂取しなければなりません。

 

プロテインにすれば20杯分もの分量になり、とても摂りきれるものではないでしょう。

 

したがって、HMBのサプリメントを直接摂取したほうが、効率的かつ効果的なのです。

 

 

DNS社のR4とバーサーカーのHMBの特徴

 

ダルビッシュも愛用!今アスリートに人気の筋肉サプリメントとは。

まず、DNS社のR4は、ウェイトトレーニング後の疲労を回復することを目的として、HMBやグルタミン、シトルリン、アルギニンなどを含有しています。

 

口コミや評判でも高い評価を受けている商品です。

 

次に、バーサーカーのHMBも、同じように疲労の回復力や筋力アップを目指している商品で、HMBとステアリン酸カルシウムなどを含んでいます。

 

筋肉増強に役立つ成分はHMBだけですが、HMBは必要だけれども、それ以外の成分はほかの方法で摂取するので加えてほしくないという人にはピッタリのサプリメントです。

 

 

HMBがなぜ注目されているのかまとめてみましょう

 

アメリカで人気があったHMBサプリですが、日本でも2010年頃から販売が開始されました。

 

特にダルビッシュ有選手がTwitterで紹介してから一段と注目されています。

 

HMBはロイシンの代謝物質ですが、ロイシンを摂取するよりも効率よく筋肉量を増やすことができます。

 

もちろん、HMBのサプリメントを摂るだけではなく、ウェイトトレーニングもしなければならないし、食事管理も重要です。

 

そのため、常日ごろから運動と食事のバランスを取りつつ、さらにダルビッシュ有選手も愛用していたHMBサプリを必要量摂取すれば、大きな効果が期待できます。

 

筋肉に対する意識調査

ご自身の筋肉について、思うことはありますか?

 

ダルビッシュも愛用!今アスリートに人気の筋肉サプリメントとは。

30代後半になり、パンツを履いた時の後ろ姿=お尻の形、がとても気になるようになりました。

 

加齢と共にお尻の筋肉が垂れてきて、パンツが似合いません。

 

その為、キュっと上がったお尻を取り戻すべく、家でできるヒップアップエクササイズを取り入れています。

 

まずは、テレビを観ている時などに、床に横向きになり、片足を30センチ程上げては下ろすを両足30回3セット行います。

 

そのほかには、台所で料理をしている時に、足を後ろへ蹴り出す運動を同じく両足30回3セットしています。

 

できる時はもっと回数やセットを増やしてやることもありますが、継続は力なりなので、まずは毎日欠かさずにやることを心がけています。

 

やっている時に気をつけていることは、キュっと引き締めたいお尻の筋肉に集中して動かすことです。

 

身体作りのために心がけていることは、栄養バランスに気をつけた食事を摂ることです。

 

海外に住んでいるので、なかなか頻繁に日本の食材を手に入れることは難しい環境なのですが、できるだけ和食を作ることを心がけています。

 

そして、特に野菜や果物はできるだけオーガニック食品を選ぶようにしています。

 

全てをオーガニックにするのはなかなかできませんが、その場合は、野菜や果物に付いている農薬を落とすことのできる専用の洗剤でよく洗うようにしています。

 

普段食べるものが健康な身体を作っていくと思うので、できるだけ自然なものを選び、加工食品なども摂りすぎには気をつけています。

 

またファーストフードなども基本は摂らないようにしています。

 

ちょっとした時間に行えるトレーニング

 

子供が生まれてから全く運動をしていませんでしたが、体脂肪率と血管年齢の高さがきっかけで、ジョギングを始めました。

 

今は1歳の子供がいるので、ジョギングの時間が取れるのは、子供が爆睡している時間帯しかありません。

 

なので、毎日早朝4時半からジョギングしています。

 

もともと朝に強かったので問題なく起きて続けられています。

 

でも、体力がないので1キロも走り切ることができません。

 

トータル3キロほどを30分ぐらい走ったり歩いたりしています。

 

早朝なので涼しく過ごしやすいですが、最近は代謝が良くなってきたのか汗をかくようになりました。

 

ジョギングから始まる1日はとても清々しく、メリットだらけだと感じているので、今後も続けていきたいと思っています。

 

ダルビッシュも愛用!今アスリートに人気の筋肉サプリメントとは。

プロテインやサプリメントは飲んでいませんが、筋力作りに効果的だと聞いたタンパク質を多めに取得するように心がけています。

 

毎日納豆を食べるようにして、おやつはゆで卵やササミです。

 

毎日飲んでいるコーヒーには無調整豆乳を入れています。

 

徐々に体脂肪率が減り、筋力量が増えていているので、効果はあると思います。

 

整体にも通っていますが、運動と同じぐらい食事は健康維持のために気をつけた方がいいと先生に言われたので、低カロリー高タンパク質の食事を意識しています。

 

また、食事は19時以降には食べないようにしています。

 

朝食をしっかり多めに食べ、夜ご飯は少なめにしています。

 

以前は間食が多かったですが、今は朝食を多めに食べるからか間食したいと思わなくなりました。